FC2ブログ
祝・デビュー2年目突入 *****追記あり*****
KAT-TUNのみなさん、デビュー2年目突入おめでとうございます
                  
          080322_114314-1.jpg

と言っても実際にはこの時間にはまだ発表されてないんですけどね(笑)
でも2年前の今日も、1年前の今日もかなり泣きました・・・ほんと泣いたなぁ
何時ごろだったかな、今日ドリボのあとにデビュー会見するらしいってウワサを聞いて、ずっと足がガクガクして何も手につかなくて・・・
やたらお友達にまだ?まだ?ってメールしまくってました(笑)
そしてそれがウワサではなく真実になった時、朝までお友達と一緒に泣きました
あの日は私のかなり長い(笑)数ある人生経験の中で忘れられない衝撃の日になりました(^^ゞ
色々あったけど、これでみんな笑っていられるんだ・・・そう信じていたけど、怒涛のデビューから半年で仁が休業してしまいました
あの日は今もこれからもずっとずっと忘れることはできないと思うけど
仁のいないデビュー1年目を迎えた去年もやっぱり悲しくて・・・いくら探してもそこには5人しかいなくて・・・確かにKAT-TUNなのに仁だけがいなくて・・・
なんか今もこれ書きながら泣きそうです(笑)

もうあんな悲しい思いは2度としたくないけど・・・でもあの時があったからこそ、今こうして笑っていられるんだと思うし
「泣いた分の笑顔が待ってる」・・・ほんとだよね(笑)
泣いた分だけ今はよかったって思えるし、仁も私達仁ファンも笑っていられるんだし・・・笑っていられることの大切さや幸せを感じていられるんだと思います
もしこの先、KAT-TUNのメンバーが仁のように時間を必要とすることがあったとしたら、私達ファンは安心して休ませてあげられるようにデ~ンと構えて待っていてあげようと思います
だってKAT-TUNはまだはじまったばかりで先はずっとずっと長いんだもん
きっとこれからも色んなことがあると思います
でも何があっても信じて待ってるし、私達が待っているから安心して休めるって思える存在になれたらいいな
復帰してからの仁は本当によく自分の気持ちを話してくれるようになって
「歌うことが好き」「好きなことを仕事にできることは凄く幸せなこと」「そういう環境を作ってくれた周りの人に感謝してる」・・・まだまだ他にもたくさんの言葉を言ってくれたけど
思ってないことを口にできる人じゃない「赤西仁」のその言葉だから、本当に嬉しくて、もう仁は大丈夫って・・・これからはずっと一緒に笑っていられるんだって、仁を信じていられます

6人でいる・・・当たり前のことだけど、やっぱり素敵なことだから
こんな2年目が迎えられたことも忘れられない1ページになりそうです

KAT-TUNのロクーンにとって素敵な1年になりますように・・・

***********************************

ドコモさんのHPに仁の優しい未来編がアップされてます
寒い中行われたロケはあちこちから聞こえてきた目撃情報と一致していて
本当に大変だったことが伺えます
でも頑張った甲斐あって本当に素敵なCMができてよかったね
ドコモさんにも仁にも感謝です
まだ放送されていない地域の方はぜひご覧下さい、本当に仁くん最高にいいです!(笑)

ドコモHP


アキ


ゆっち、そして亀・仁・じゅんの・聖・竜ちゃんデビュー2周年おめでどう!
2年前、ドリボの楽日にKAT-TUNのデビューの知らせが駆け巡りました。
何度も何度もデビューするという噂が流れては消え、やっとデビューが決定した時は嬉しかったです。
あの時の喜びは今でも忘れられません!
それから半年して、仁が休業してしまった時は悲しかった。
仁が行ってしまった後の残された5人、仁が抜けてしまった穴はあまりにも大きかった。
この先どうなるんだろうという不安を抱えながら、だけど居なくなった事実を受け止め、精一杯与えられた仕事をゆっちは頑張っていたね。
初めて5人で歌った僕らの街でを聞いた時は悲しかった。
その後シングルにはならなかったけど、Peakを聞いた時、やっとKAT-TUNらしくなって来たって思いながら、反面5人のKAT-TUNにこのまま慣れて行くのかなという一抹の淋しさも感じていました。
でも今はこうして再びロクーンのKAT-TUNに戻ってくれました。
デビュー2年で色々あったけれど、10年後も20年後もこうしてファンとして応援して、ずっとKAT-TUNと一緒に歩んで行きたいです

もっと書きたいことがあったのですが、今は時間がないので後でまたゆっくり語るかも知れません(笑)


なっち
スポンサーサイト



ランキングに参加しています。ポチっとお願いします
ジャニーズブログランキング FC2ブログランキング

KAT-TUN | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |